横浜の脱毛クリニックの医療脱毛でムダ毛を永久脱毛する

脱毛24

ムダ毛を処理するときに、永久脱毛を選ぶ人は少なくありません。永久脱毛は永久に脱毛する方法と認識されることが多いですが、厳密には少し違います。ここでは永久脱毛の概要、横浜で医療脱毛を受けられる施設、ニードル脱毛の特徴などについて説明しています。

自己処理で解決できないムダ毛の悩みは、医療脱毛で解決してください。

(横浜で看護師として医療脱毛に携わるうえで気を付けたい点は)


医療レーザーを使用できるのは医療脱毛だけ

体毛をカミソリや毛抜きで処理しても、雑草のように何度でも生えてきます。自己処理はあくまで一時的な処理であり、ムダ毛の再生を止めることはできません。市販の光脱毛機には一定の減毛作用がありますが、ツルツルになるまで減毛させるのは困難です。

ムダ毛の再生をゼロにできるのは、医療機器を使用した医療脱毛です。市販の脱毛機や脱毛サロンで使用されるものは光を照射して減毛する仕組みで、医療脱毛とは根本的に異なります。両者の最大の違いは出力で、毛母細胞を破壊できるのは医療脱毛だけです。

医療脱毛クリニックでも光脱毛機を導入しているところが一部にありますが、ムダ毛の成長を抑制する目的で使用されることが多いです。抑毛に加えて減毛を期待する場合は、医療レーザー脱毛を活用しましょう。横浜の脱毛クリニックは最先端の脱毛機を導入しているところが目立ちます。

2か月に1回程度のペースで照射すれば、少しずつムダ毛が産毛に近づいていきます。次回の脱毛施術を迎える前にムダ毛が再生してきたら、シェービングで処理をしましょう。脱毛回数が進むにつれて毛質は軟毛化し、カミソリや電気シェーバーの滑りがスムーズになります。

永久脱毛でムダ毛はなくなるのか

脱毛36

永久脱毛は永久的にムダ毛をゼロにする方法と認識する人が多いですが、正確には最後の脱毛処理から1か月経過したとき、ムダ毛の再生を20%以下に抑えられる方法を指します。横浜の脱毛クリニックで永久脱毛をすればムダ毛を大きく減らせますが、完全無毛になるわけではありません。

減毛の度合いは個人差がありますし、また体質の変化も影響してきます。更年期を迎えてホルモンバランスが崩れたとき、ムダ毛が濃くなったという人もいます。ただしムダ毛が元の状態にまで再生する確率は極めて低く、再生したとしても脱毛完了時の状態から少し増える程度というケースが多いです。

家庭用脱毛機や脱毛サロンの場合だと再生率がグンと高くなり、最後の脱毛から1~2年も経過すると脱毛前の状態にかなり近づくという人もいます。1回の料金で見ればクリニックのほうが高額ですが、2~3年などの長期スパンで考えれば医療脱毛のほうがコスパはよくなります。

特にムダ毛が濃い人、肌質があまり強くない人などは、脱毛クリニックを利用するメリットが大きいです。家庭用脱毛機や脱毛サロンの脱毛機は出力が弱く設定されていますが、長期的に処理をすれば肌に与える総ダメージは大きくなります。

一方で医療脱毛のレーザーは高出力ですが、処理回数を減らせるので肌への総ダメージを抑えられるわけです。

(横浜の個人経営の美容クリニックで医療脱毛を始める時のチェックポイント)

横浜で確実に永久脱毛をするためには

医療レーザー脱毛よりもさらに高い脱毛効果を期待するなら、ニードル脱毛という選択肢があります。ニードルとは針という意味で、脱毛用の針を毛根に差し込んで電気を流し、毛母細胞を破壊します。一つひとつの毛根にアプローチしていく方法で、電気を流した毛穴からはムダ毛が生えてきません。

この方法で脱毛をすれば、再生率はほぼゼロになると言われています。ただし1本ずつ処理するため、広範囲の脱毛には向いていません。脇だけを完全に処理したいなど、特定の部位を完璧に脱毛したいときに利用されています。

一部の脱毛サロンでもニードル脱毛と同じ仕組みの脱毛を用意しているところがありますが、こちらは医療脱毛としては認められていません。医療機関のニードル脱毛ほどの効果は得られないため、確実に処理するなら医療機関に行きましょう。

ニードル脱毛は毛質を問わずに処理できるため、レーザー脱毛では効果を得られない人でも脱毛できます。

医療脱毛と肌トラブルの関係とは

横浜の脱毛クリニックでは徹底したカウンセリングと肌チェックを経てから脱毛するので、肌が荒れる可能性は非常に低いです。ただし医療行為である以上、絶対はないと考えてください。肌ダメージが蓄積していたり、体調が崩れていたりすると、肌荒れが起こる可能性があります。

安全に医療脱毛を受けるためには、肌と体調管理を普段から徹底しておくことが大切です。紫外線をなるべく浴びないようにする、ストレスの原因を遠ざける、睡眠の質を高める、などの対策を意識してください。

永久脱毛が完了したあとは、脱毛前よりも肌状態が安定するという人が多いです。

横浜の医療脱毛クリニックを利用する人は、体毛にコンプレックスを抱えています。日頃から自己処理を行っていても、ムダ毛が減らずに悩んでいる人が多いわけです。自己処理は肌から水分や油分を奪う要因にもなり、頻繁に処理している人は乾燥や炎症などを起こしやすいです。

医療脱毛でツルツルにしたあとは、自己処理からほぼ解放されます。

自己処理が不要になれば、ダメージを受けた肌をゆっくりと休められるので、次第に肌質は整っていくでしょう。

(横浜の医療脱毛クリニックでvio脱毛しました)

永久脱毛をする前に考えたいことは

横浜の脱毛クリニックでは全身脱毛を受けられますが、これはすべての体毛が対象になるわけではありません。原則として頭髪の脱毛はできませんし、眉毛にも対応していないクリニックが目立ちます。頭髪と眉毛を脱毛すると、容姿が大きく変わってしまいます。

永久脱毛をしてから後悔しても、元の状態に戻すことはできません。多くのクリニックでは脱毛できるのは目から下と定めていますが、脱毛に対応する部位であってもツルツルにすることで失敗したという声はあります。例えば、ヒゲの似合う男性であれば、デザインヒゲにしたいという人もいるでしょう。

医療脱毛を受ける前に、どの部位を脱毛するか、どこまで薄くするかについてよく考えておく必要があります。

(横浜と新宿ではどちらで医療脱毛をすべきか)

永久脱毛できる方法は医療レーザーとニードル脱毛

脱毛32

横浜の脱毛クリニックでは医療用機器のレーザーによる脱毛を受けられます。毛母細胞を破壊できる方法で、非常に大きな減毛効果を得られるのが特徴です。さらに完璧な脱毛を求める人には、処理に時間はかかりますがニードル脱毛という方法があります。

これらの永久脱毛はムダ毛の再生を強力に抑制するだけでなく、肌を安定させるメリットも期待できます。

投稿日: